<支援員 松本>

福祉の仕事をする以前は、営業職をしていました。人と接することが好きなこともあって、福祉の世界にチャレンジしようと思いヘルパー2級を取得し、現在は支援員として当事業所で活動しています。

利用者さんとはいつも楽しく作業に取り組んでいます。作業内容を分かりやすく伝えること、利用者さんが思っていることや考えていることを上手く引き出せるように、声を掛けて、コミュニケーションを取り作業がスムーズにできるように心がけています。

作業をする上で、目標工賃達成指導員としても月額の平均工賃単価を上げるように試行錯誤しています。うまくいくこともあればたまに失敗することもあり、スタッフと利用者さんと共に学び考えることがとても充実しています。

伸び伸びできる環境

風通しがよくスタッフの仲も良くて、新しく入って間もない職員も直ぐに打ち解けることができる職場だと思います。アイデアや作業方法なども年齢関係なく良いものは直ぐに採用され、スタッフが伸び伸び仕事をできるように環境整備されています。オンとオフの切り替えもしっかりできるので、スタッフも多趣味な人が多くて、音楽活動、食べ歩き、焼酎集め、スキューバダイビングなどなど、趣味の中で培った慣性でたくさんの仕事上のアイデアが生まれ、自主製品の制作に関しても非常に役立っています。自主製品ももっとたくさんの方々に提供できる取り組みにも力を入れていきたいと思っています。

 

未経験でも想いがあれば

利用者さんとのふれあいや、行事などもたくさんあって、みんなで作り上げていくことがとても楽しく勉強にもなります。たまに、辛いことがあってもスタッフがみんなでカバーするので、未経験でも想いがあれば職場体験なども利用していただきたいと思います。

私も未経験からスタートをしたのでまずは一歩踏み出してチャレンジして欲しいと思います。